妊活中に食生活で気をつけること

♦妊活中、食生活で気をつけること

 

 

まずは夫婦ともにしっかり栄養を摂ること。

 

どうしても女性のことだけに目を向けがちですが、

 

実は、男性こそ栄養が必要です。

 

2人目の妊娠に悪戦苦闘しました。

 

昨年の11月14日に出版した体験記にも少し書きました。

 

子供が欲しいと思い、あまりのその想いの強さにストレスが大きくかかってしまいました。

 

排卵予定アプリや基礎体温を毎日毎日見るわたし。

 

でも、そこに気を置くのではなんだかつまらない。

 

そのときから 基本の基本で簡単にできること「お食事」を変えました。

 

自分らしく過ごすことが結果に繋がったんだと今になり思うことです

 

主人の食事を徹底的に見直し、

 

牡蠣やレバーなどのビタミンや亜鉛が多く含まれているものを

 

取り入れたんです。

 

亜鉛は、女性にとっても重要な栄養素のひとつ。

 

夫婦で一緒のものを食べ、

 

感想を言い合う。

 

それだけでも夫婦関係はよくなるものでした。

 

つわりなどで味覚がおかしくなったと聞いた事がありますか?

 

味覚には、亜鉛が関係しています。

 

亜鉛不足が味覚に悪さをするとか。

 

妊娠すると、とたんに体の変化がはじまりました。

 

妊娠前から、しっかり葉酸とビタミン、ミネラル、

 

旦那さんにも同じように食べさせてあげてください。

 

男性って、自分に出された料理がいつもより豪華だと

 

精神的にとても満たされるようです。

 

妻のわたしにもとっても優しくなりました。

 

高栄養で低糖質は、不妊に悩む人たちにもきっと役立ちます。

 

妊娠糖尿病予防にもなるから。

 

このサイトやわたしの本の後半にあるレシピを参考になさってください。

 

 

金子洋子より。

 

妊娠糖尿病からわたしとベビーを救った奇跡のメソッド