お母さんの血糖値が高いと。妊娠と糖尿病

妊娠と糖尿病

お母さんの血糖値が高いと、赤ちゃんやお母さんの体に負担がかかると言われています。
妊娠をすると、糖尿病をお持ちの方もそうでない方も血糖値は高くなりやすいので注意が必要です。

妊娠中の糖代謝異常はどんな種類があるの?

妊娠すると、胎盤から分泌されるホルモンの影響でインスリン抵抗性(詳しくは、「インスリンが十分に働かない」ってどういうこと?をご覧ください)が強くなります。

それは妊娠後期になるにつれ増していき、血糖を正常に保つために必要なインスリンの必要量が増えていきます。

妊娠中の糖代謝異常には、妊娠前から糖尿病がある方の糖尿病合併妊娠と、妊娠中に初めて発見される糖代謝異常の2種類があります。

さらに、後者の妊娠中に初めて発見される糖代謝異常には、正常よりも血糖値が高いが糖尿病と診断するほどは高くない妊娠糖尿病(GDM)と、明らかに血糖値が高くて妊娠中に判明した糖尿病(妊娠中の明らかな糖尿病)の2つに分かれます。

また、ごく稀に妊娠中に1型糖尿病を発症する方もいます。

妊娠糖尿病・妊娠中の明らかな糖尿病・糖尿病合併妊娠

 

出典:糖尿病情報センター