レプチンとは

【肥満をつかさどる脳内メカニズム -レプチン-leptin 】

レプチンについて

レプチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンであり、その主な働きは脳の視床下部にある食欲中枢に作用して食欲を抑制させる。

食事やオヤツ、高カロリーなドリンクなどを食べ・飲み過ぎるとからだの脂肪が増えて肥満します。

レプチンは脂肪細胞から放出されるホルモンで、脳内の摂食中枢に作用して強力に摂食行動を抑制する働きがあります。脂肪が増えるにしたがってレプチンの放出量が増えるため、レプチンは適正な体重の維持に働いていると考えられています。

が、肥満状態の人の摂食が必ずしも抑制されていることは証明されていません。

その理由は、レプチンが効きにくくなる、「レプチン抵抗性」と呼ばれる現象が起こるからです。レプチン抵抗性が生じるメカニズムはまだよく分かっていません。